万葉集 第7巻 1305番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1305番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1305番歌

第7巻
歌番号 1305番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (寄木)
原文 雖見不飽 人國山 木葉 己心 名著念
訓読 見れど飽かぬ人国山の木の葉をし我が心からなつかしみ思ふ
かな みれどあかぬ ひとくにやまの このはをし わがこころから なつかしみおもふ
英語(ローマ字) MIREDOAKANU HITOKUNIYAMANO KONOHAWOSHI WAGAKOKOROKARA NATSUKASHIMIOMOFU
見ても見ても飽くことがない人国山の木の葉。心底から親しみを覚える。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、和歌山、恋愛、略体、地名
タイトルとURLをコピーしました