万葉集 第7巻 1182番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1182番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1182番歌

第7巻
歌番号1182番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文海人小船 帆毳張流登 見左右荷 鞆之浦廻二 浪立有所見
訓読海人小舟帆かも張れると見るまでに鞆の浦廻に波立てり見ゆ
かなあまをぶね ほかもはれると みるまでに とものうらみに なみたてりみゆ
英語(ローマ字)AMAWOBUNE HOKAMOHARERUTO MIRUMADENI TOMONOURAMINI NAMITATERIMIYU
漁船がいっぱいに帆を張ったかと見まごうばかりに鞆の浦が真っ白に波立っているのが見える。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、広島、鞆の浦、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました