万葉集 第7巻 1119番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1119番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1119番歌

第7巻
歌番号1119番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(詠葉)
原文徃川之 過去人之 手不折者 裏觸立 三和之桧原者
訓読行く川の過ぎにし人の手折らねばうらぶれ立てり三輪の桧原は
かなゆくかはの すぎにしひとの たをらねば うらぶれたてり みわのひはらは
英語(ローマ字)YUKUKAHANO SUGINISHIHITONO TAWORANEBA URABURETATERI MIWANOHIHARAHA
流れ行く川のように、通り過ぎていく人々が小枝を手折らなかったなら、この見事な三輪の檜原も見向きもされなかっただろう。誰もが手折らずにいられない檜原だ。
左注右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、三輪山、奈良、非略体、地名、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました