万葉集 第7巻 1120番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1120番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1120番歌

第7巻
歌番号 1120番歌
作者 作者不詳
題詞 詠蘿
原文 三芳野之 青根我峯之 蘿席 誰将織 經緯無二
訓読 み吉野の青根が岳の蘿むしろ誰れか織りけむ経緯なしに
かな みよしのの あをねがたけの こけむしろ たれかおりけむ たてぬきなしに
英語(ローマ字) MIYOSHINONO AWONEGATAKENO KOKEMUSHIRO TAREKAORIKEMU TATENUKINASHINI
吉野の青根が岳の眺めは蘿(こけ)のむしろのように美しい。縦糸と横糸もなしに誰が織り上げたというのであろう。
左注
校異
用語 雑歌、吉野、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました