万葉集 第7巻 1199番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1199番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1199番歌

第7巻
歌番号1199番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文藻苅舟 奥榜来良之 妹之嶋 形見之浦尓 鶴翔所見
訓読藻刈り舟沖漕ぎ来らし妹が島形見の浦に鶴翔る見ゆ
かなもかりふね おきこぎくらし いもがしま かたみのうらに たづかけるみゆ
英語(ローマ字)MOKARIFUNE OKIKOGIKURASHI IMOGASHIMA KATAMINOURANI TADUKAKERUMIYU
沖の方から藻を刈り取る舟がやってくるようだ。妹が島の形見浦では鶴たちが飛び交っているのが見える。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、叙景、植物
タイトルとURLをコピーしました