万葉集 第7巻 1236番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1236番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1236番歌

第7巻
歌番号 1236番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 夢耳 継而所見<乍> 竹嶋之 越礒波之 敷布所念
訓読 夢のみに継ぎて見えつつ高島の礒越す波のしくしく思ほゆ
かな いめのみに つぎてみえつつ たかしまの いそこすなみの しくしくおもほゆ
英語(ローマ字) IMENOMINI TSUGITEMIETSUTSU TAKASHIMANO ISOKOSUNAMINO SHIKUSHIKUOMOHOYU
夢にだけ見ていつも憧れている篠島の、磯を超す白波がしきりに思い浮かぶ。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異 小 乍 [万葉集古義]
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、滋賀、地名、序詞、望郷
タイトルとURLをコピーしました