万葉集 第7巻 1073番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1073番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1073番歌

第7巻
歌番号 1073番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 玉垂之 小簾之間通 獨居而 見驗無 暮月夜鴨
訓読 玉垂の小簾の間通しひとり居て見る験なき夕月夜かも
かな たまだれの をすのまとほし ひとりゐて みるしるしなき ゆふつくよかも
英語(ローマ字) TAMADARENO WOSUNOMATOHOSHI HITORIゐTE MIRUSHIRUSHINAKI YUFUTSUKUYOKAMO
玉で飾られた美しい簾(すだれ)ごしに一人きりで見る夕月夜はわびしい。
左注
校異
用語 雑歌
タイトルとURLをコピーしました