万葉集 第7巻 1072番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1072番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1072番歌

第7巻
歌番号1072番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文明日之夕 将照月夜者 片因尓 今夜尓因而 夜長有
訓読明日の宵照らむ月夜は片寄りに今夜に寄りて夜長くあらなむ
かなあすのよひ てらむつくよは かたよりに こよひによりて よながくあらなむ
英語(ローマ字)ASUNOYOHI TERAMUTSUKUYOHA KATAYORINI KOYOHINIYORITE YONAGAKUARANAMU
明日の宵に照るだろう月夜が今夜の方に寄ってきてこの月夜が長く続いてほしいものだ。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました