万葉集 第7巻 1083番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1083番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1083番歌

第7巻
歌番号1083番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文霜雲入 為登尓可将有 久堅之 夜<渡>月乃 不見念者
訓読霜曇りすとにかあるらむ久方の夜渡る月の見えなく思へば
かなしもぐもり すとにかあるらむ ひさかたの よわたるつきの みえなくおもへば
英語(ローマ字)SHIMOGUMORI SUTONIKAARURAMU HISAKATANO YOWATARUTSUKINO MIENAKUOMOHEBA
夜渡っていく月が見えないのは空が霜で曇ったためだろうか。
左注
校異度 渡 [類][紀][温]
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました