万葉集 第7巻 1082番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1082番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1082番歌

第7巻
歌番号1082番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文水底之 玉障清 可見裳 照月夜鴨 夜之深去者
訓読水底の玉さへさやに見つべくも照る月夜かも夜の更けゆけば
かなみなそこの たまさへさやに みつべくも てるつくよかも よのふけゆけば
英語(ローマ字)MINASOKONO TAMASAHESAYANI MITSUBEKUMO TERUTSUKUYOKAMO YONOFUKEYUKEBA
夜が更けてきたためか水底の玉もくっきり見えるほどこうこうと月が輝いている今宵は。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました