万葉集 第7巻 1238番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1238番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1238番歌

第7巻
歌番号 1238番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 竹嶋乃 阿戸白波者 動友 吾家思 五百入そ染
訓読 高島の安曇白波は騒けども我れは家思ふ廬り悲しみ
かな たかしまの あどしらなみは さわけども われはいへおもふ いほりかなしみ
英語(ローマ字) TAKASHIMANO ADOSHIRANAMIHA SAWAKEDOMO WAREHAIHEOMOFU IHORIKANASHIMI
安曇川(あどがわ)が白波を立てて騒がしく流れ下っている。ここで私は野宿をしているが、故郷の家のことを思うと悲しみが沸いてくる。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、滋賀、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました