万葉集 第7巻 1237番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1237番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1237番歌

第7巻
歌番号1237番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文静母 岸者波者 縁家留香 此屋通 聞乍居者
訓読静けくも岸には波は寄せけるかこれの屋通し聞きつつ居れば
かなしづけくも きしにはなみは よせけるか これのやとほし ききつつをれば
英語(ローマ字)SHIDUKEKUMO KISHINIHANAMIHA YOSEKERUKA KORENOYATOHOSHI KIKITSUTSUWOREBA
海岸に波が静かに打ち寄せているのだろうか。こうして宿に横になって耳をすましていると波音が聞こえてくる。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました