万葉集 第7巻 1273番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1273番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1273番歌

第7巻
歌番号 1273番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (旋頭歌)
原文 住吉 波豆麻<公>之 馬乗衣 雜豆臈 漢女乎座而 縫衣叙
訓読 住吉の波豆麻の君が馬乗衣さひづらふ漢女を据ゑて縫へる衣ぞ
かな すみのえの はづまのきみが うまのりころも さひづらふ あやめをすゑて ぬへるころもぞ
英語(ローマ字) SUMINOENO HADUMANOKIMIGA UMANORIKOROMO SAHIDURAFU AYAMEWOSUゑTE NUHERUKOROMOZO
住吉の波豆麻の君がまとっている乗馬服。きっとペラペラ話す中国女性を雇い入れて仕立てた服だろう。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 君 公 [元][古][紀][温]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、旋頭歌、非略体、地名、大阪
タイトルとURLをコピーしました