万葉集 第7巻 1163番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1163番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1163番歌

第7巻
歌番号1163番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文年魚市方 塩干家良思 知多乃浦尓 朝榜舟毛 奥尓依所見
訓読年魚市潟潮干にけらし知多の浦に朝漕ぐ舟も沖に寄る見ゆ
かなあゆちがた しほひにけらし したのうらに あさこぐふねも おきによるみゆ
英語(ローマ字)AYUCHIGATA SHIHOHINIKERASHI SHITANOURANI ASAKOGUFUNEMO OKINIYORUMIYU
年魚市潟は引き潮になったようだ。朝、知多の浦の沖に向かって漕ぎ出してゆく舟々が見える。
左注
校異
用語雑歌、名古屋、愛知、羈旅、叙景、地名
タイトルとURLをコピーしました