万葉集 第7巻 1345番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1345番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1345番歌

第7巻
歌番号1345番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文常不 人國山乃 秋津野乃 垣津幡鴛 夢見鴨
訓読常ならぬ人国山の秋津野のかきつはたをし夢に見しかも
かなつねならぬ ひとくにやまの あきづのの かきつはたをし いめにみしかも
英語(ローマ字)TSUNENARANU HITOKUNIYAMANO AKIDUNONO KAKITSUHATAWOSHI IMENIMISHIKAMO
普段なじみのないよそ様の秋津野に咲いている杜若(かきつばた)が夢に出てきたよ。
左注
校異
用語譬喩歌、和歌山、恋愛、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました