万葉集 第7巻 1294番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1294番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1294番歌

第7巻
歌番号1294番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(旋頭歌)
原文朝月 日向山 月立所見 遠妻 持在人 看乍偲
訓読朝月の日向の山に月立てり見ゆ遠妻を待ちたる人し見つつ偲はむ
かなあさづきの ひむかのやまに つきたてりみゆ とほづまを もちたるひとし みつつしのはむ
英語(ローマ字)ASADUKINO HIMUKANOYAMANI TSUKITATERIMIYU TOHODUMAWO MOCHITARUHITOSHI MITSUTSUSHINOHAMU
日向(ひゅうが)の山に月が昇ってきたのが見える。遠くに妻のある身のこの人、その月を見つつ妻をしのんでいるのだろうか。
左注右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、旋頭歌、略体、望郷、宮崎、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました