万葉集 第7巻 1132番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1132番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1132番歌

第7巻
歌番号1132番歌
作者作者不詳
題詞(芳野作)
原文夢乃和太 事西在来 寤毛 見而来物乎 念四念者
訓読夢のわだ言にしありけりうつつにも見て来るものを思ひし思へば
かないめのわだ ことにしありけり うつつにも みてけるものを おもひしおもへば
英語(ローマ字)IMENOWADA KOTONISHIARIKERI UTSUTSUNIMO MITEKERUMONOWO OMOHISHIOMOHEBA
吉野の淵は夢のようだと評判だが、現にこの目でずっと恋いこがれてきた淵を見たら、まさに評判どおりの夢の淵だった。
左注
校異
用語雑歌、吉野、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました