万葉集 第7巻 1157番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1157番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1157番歌

第7巻
歌番号 1157番歌
作者 作者不詳
題詞 (攝津作)
原文 時風 吹麻久不知 阿胡乃海之 朝明之塩尓 玉藻苅奈
訓読 時つ風吹かまく知らず吾児の海の朝明の潮に玉藻刈りてな
かな ときつかぜ ふかまくしらず あごのうみの あさけのしほに たまもかりてな
英語(ローマ字) TOKITSUKAZE FUKAMAKUSHIRAZU AGONOUMINO ASAKENOSHIHONI TAMAMOKARITENA
引き潮の時の風が吹いてくるかも知れない。静かな夜明けの吾児の海に出て、今の内に藻を刈り取ろう。
左注
校異
用語 雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました