万葉集 第7巻 1158番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1158番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1158番歌

第7巻
歌番号 1158番歌
作者 作者不詳
題詞 (攝津作)
原文 住吉之 奥津白浪 風吹者 来依留濱乎 見者浄霜
訓読 住吉の沖つ白波風吹けば来寄する浜を見れば清しも
かな すみのえの おきつしらなみ かぜふけば きよするはまを みればきよしも
英語(ローマ字) SUMINOENO OKITSUSHIRANAMI KAZEFUKEBA KIYOSURUHAMAWO MIREBAKIYOSHIMO
住吉の沖の白波、風が吹いてきて浜に打ち寄せてくる。その光景はとても清らかだ。
左注
校異
用語 雑歌、大阪、羈旅、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました