万葉集 第7巻 1324番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1324番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1324番歌

第7巻
歌番号1324番歌
作者作者不詳
題詞(寄玉)
原文葦根之 懃念而 結義之 玉緒云者 人将解八方
訓読葦の根のねもころ思ひて結びてし玉の緒といはば人解かめやも
かなあしのねの ねもころおもひて むすびてし たまのをといはば ひととかめやも
英語(ローマ字)ASHINONENO NEMOKOROOMOHITE MUSUBITESHI TAMANOWOTOIHABA HITOTOKAMEYAMO
葦(あし)の根のようにしっかり結び合わせた真珠の紐だということなら、それを他人が解ける筈はあるまい。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、枕詞
タイトルとURLをコピーしました