万葉集 第7巻 1321番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1321番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1321番歌

第7巻
歌番号 1321番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄玉)
原文 世間 常如是耳加 結大王 白玉之緒 絶樂思者
訓読 世間は常かくのみか結びてし白玉の緒の絶ゆらく思へば
かな よのなかは つねかくのみか むすびてし しらたまのをの たゆらくおもへば
英語(ローマ字) YONONAKAHA TSUNEKAKUNOMIKA MUSUBITESHI SHIRATAMANOWONO TAYURAKUOMOHEBA
堅く結んでおいた真珠の紐でもぷつんと切れてしまうとは、ああ、世の中とはこんなものなのか。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました