万葉集 第7巻 1121番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1121番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1121番歌

第7巻
歌番号 1121番歌
作者 作者不詳
題詞 詠草
原文 妹<等所> 我通路 細竹為酢寸 我通 靡細竹原
訓読 妹らがり我が通ひ道の小竹すすき我れし通はば靡け小竹原
かな いもらがり わがかよひぢの しのすすき われしかよはば なびけしのはら
英語(ローマ字) IMORAGARI WAGAKAYOHIDINO SHINOSUSUKI WARESHIKAYOHABA NABIKESHINOHARA
彼女の家に通う道に細竹やススキが生えている。私が通うので、どうかなびいて(伏して)おくれよ。細竹(しの)の原よ。
左注
校異 所等 等所
用語 雑歌、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました