万葉集 第7巻 1397番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1397番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1397番歌

第7巻
歌番号1397番歌
作者作者不詳
題詞(寄藻)
原文荒礒超 浪者恐 然為蟹 海之玉藻之 憎者不有手
訓読荒礒越す波は畏ししかすがに海の玉藻の憎くはあらずて
かなありそこす なみはかしこし しかすがに うみのたまもの にくくはあらずて
英語(ローマ字)ARISOKOSU NAMIHAKASHIKOSHI SHIKASUGANI UMINOTAMAMONO NIKUKUHAARAZUTE
荒磯(ありそ)を越えてやってくる波は恐ろしい。が、そうはいうものの海に揺れる美しい藻は憎く思えません。
左注
校異
用語譬喩歌、恋情、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は「藻に寄せて」という意味。本歌合わせて4首組みの歌。(他3首:1394,1395,1396)。
「しかすがに」は「そうはいうものの」という意味。

タイトルとURLをコピーしました