万葉集 第7巻 1395番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1395番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1395番歌

第7巻
歌番号1395番歌
作者作者不詳
題詞(寄藻)
原文奥浪 依流荒礒之 名告藻者 心中尓 疾跡成有
訓読沖つ波寄する荒礒のなのりそは心のうちに障みとなれり
かなおきつなみ よするありその なのりそは こころのうちに つつみとなれり
英語(ローマ字)OKITSUNAMI YOSURUARISONO NANORISOHA KOKORONOUCHINI TSUTSUMITONARERI
沖からの波に揺れる荒磯(ありそ)の名告藻(なのりそ)は心中深く秘めたこころの疾(やまひ)となっています。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は「藻に寄せて」という意味。本歌合わせて4首組みの歌。(他3首:1394,1396,1397)。
名告藻(なのりそ)はホンダワラという藻類の別名。ここでは名を秘めたままにしている恋人のことを指す。「疾(やまひ)となれり」は「恋いの虜になっている」という意味。

タイトルとURLをコピーしました