万葉集 第7巻 1103番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1103番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1103番歌

第7巻
歌番号1103番歌
作者作者不詳
題詞(詠河)
原文今敷者 見目屋跡念之 三芳野之 大川余杼乎 今日見鶴鴨
訓読今しくは見めやと思ひしみ吉野の大川淀を今日見つるかも
かないましくは みめやとおもひし みよしのの おほかはよどを けふみつるかも
英語(ローマ字)IMASHIKUHA MIMEYATOOMOHISHI MIYOSHINONO OHOKAHAYODOWO KEFUMITSURUKAMO
当分は見られないと思っていた吉野の川の大きな淀をきょう見られたなあ。
左注
校異
用語雑歌、吉野、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました