万葉集 第7巻 1224番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1224番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1224番歌

第7巻
歌番号 1224番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 大葉山 霞蒙 狭夜深而 吾船将泊 停不知文
訓読 大葉山霞たなびきさ夜更けて我が舟泊てむ泊り知らずも
かな おほばやま かすみたなびき さよふけて わがふねはてむ とまりしらずも
英語(ローマ字) OHOBAYAMA KASUMITANABIKI SAYOFUKETE WAGAFUNEHATEMU TOMARISHIRAZUMO
大葉山に霞がかかり、夜も更けてきたのに、私の乗るこの舟はどこに停泊するのか見当もつかない。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、滋賀、地名、不安
タイトルとURLをコピーしました