万葉集 第7巻 1241番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1241番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1241番歌

第7巻
歌番号 1241番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 黒玉之 玄髪山乎 朝越而 山下露尓 沾来鴨
訓読 ぬばたまの黒髪山を朝越えて山下露に濡れにけるかも
かな ぬばたまの くろかみやまを あさこえて やましたつゆに ぬれにけるかも
英語(ローマ字) NUBATAMANO KUROKAMIYAMAWO ASAKOETE YAMASHITATSUYUNI NURENIKERUKAMO
黒髪山を朝超えてきたら木々から朝露がしたたり落ちてすっかり濡れてしまった。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました