万葉集 第7巻 1242番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1242番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1242番歌

第7巻
歌番号 1242番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 足引之 山行暮 宿借者 妹立待而 宿将借鴨
訓読 あしひきの山行き暮らし宿借らば妹立ち待ちてやど貸さむかも
かな あしひきの やまゆきぐらし やどからば いもたちまちて やどかさむかも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAYUKIGURASHI YADOKARABA IMOTACHIMACHITE YADOKASAMUKAMO
山路を進んでいたら日が暮れてきた。宿が借りたいが、だれかいい彼女でもいて、玄関前に立って待っていて宿を貸してくれないものだろうか。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、枕詞
タイトルとURLをコピーしました