万葉集 第7巻 1389番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1389番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1389番歌

第7巻
歌番号1389番歌
作者作者不詳
題詞(寄海)
原文礒之浦尓 来依白浪 反乍 過不勝者 <誰>尓絶多倍
訓読礒の浦に来寄る白波返りつつ過ぎかてなくは誰れにたゆたへ
かないそのうらに きよるしらなみ かへりつつ すぎかてなくは たれにたゆたへ
英語(ローマ字)ISONOURANI KIYORUSHIRANAMI KAHERITSUTSU SUGIKATENAKUHA TARENITAYUTAHE
岩磯に白波がぶつかってはまた押し寄せては返るように、立ち去りがたくしている。そういう思いにしているのはどこの誰なんだろう。
左注
校異雉 誰 [元][類][古][紀]
用語譬喩歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました