万葉集 第7巻 1217番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1217番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1217番歌

第7巻
歌番号 1217番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 玉津嶋 見之善雲 吾無 京徃而 戀幕思者
訓読 玉津島見てしよけくも我れはなし都に行きて恋ひまく思へば
かな たまつしま みてしよけくも われはなし みやこにゆきて こひまくおもへば
英語(ローマ字) TAMATSUSHIMA MITESHIYOKEKUMO WAREHANASHI MIYAKONIYUKITE KOHIMAKUOMOHEBA
ああ玉津島など見ない方がよかった。都に帰ったらますます恋しくなると思うと。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、和歌山、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました