万葉集 第7巻 1382番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1382番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1382番歌

第7巻
歌番号1382番歌
作者作者不詳
題詞(寄河)
原文泊瀬川 流水沫之 絶者許曽 吾念心 不遂登思齒目
訓読泊瀬川流るる水沫の絶えばこそ我が思ふ心遂げじと思はめ
かなはつせがは ながるるみなわの たえばこそ あがおもふこころ とげじとおもはめ
英語(ローマ字)HATSUSEGAHA NAGARURUMINAWANO TAEBAKOSO AGAOMOFUKOKORO TOGEJITOOMOHAME
泊瀬川を流れる水の沫が絶えるようなことがあれば、私の恋が遂げられなくても仕方がないだろうと思うだろうけれど。
左注
校異
用語譬喩歌、奈良、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました