万葉集 第7巻 1248番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1248番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1248番歌

第7巻
歌番号 1248番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (覊旅作)
原文 吾妹子 見偲 奥藻 花開在 我告与
訓読 我妹子と見つつ偲はむ沖つ藻の花咲きたらば我れに告げこそ
かな わぎもこと みつつしのはむ おきつもの はなさきたらば われにつげこそ
英語(ローマ字) WAGIMOKOTO MITSUTSUSHINOHAMU OKITSUMONO HANASAKITARABA WARENITSUGEKOSO
妻とみなして偲ぼうと思います。藻の花を。ですから神様、天国の沖で藻の花が咲いたらどうかお知らせください。
左注 (右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、略体、植物
タイトルとURLをコピーしました