万葉集 第7巻 1248番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1248番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1248番歌

第7巻
歌番号1248番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(覊旅作)
原文吾妹子 見偲 奥藻 花開在 我告与
訓読我妹子と見つつ偲はむ沖つ藻の花咲きたらば我れに告げこそ
かなわぎもこと みつつしのはむ おきつもの はなさきたらば われにつげこそ
英語(ローマ字)WAGIMOKOTO MITSUTSUSHINOHAMU OKITSUMONO HANASAKITARABA WARENITSUGEKOSO
妻とみなして偲ぼうと思います。藻の花を。ですから神様、天国の沖で藻の花が咲いたらどうかお知らせください。
左注(右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、略体、植物
タイトルとURLをコピーしました