万葉集 第7巻 1416番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1416番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1416番歌

第7巻
歌番号1416番歌
作者作者不詳
題詞或本歌曰
原文玉梓之 妹者花可毛 足日木乃 此山影尓 麻氣者失留
訓読玉梓の妹は花かもあしひきのこの山蔭に撒けば失せぬる
かなたまづさの いもははなかも あしひきの このやまかげに まけばうせぬる
英語(ローマ字)TAMADUSANO IMOHAHANAKAMO ASHIHIKINO KONOYAMAKAGENI MAKEBAUSENURU
玉梓の使いを介してやりとりした彼女は花だったんだなあ。この山蔭に撒いたら幻のように消えてしまったんだもの。
左注
校異歌 [西] 謌
用語挽歌、亡妻歌、枕詞、葬儀
タイトルとURLをコピーしました