万葉集 第7巻 1069番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1069番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1069番歌

第7巻
歌番号 1069番歌
作者 作者不詳
題詞 詠月
原文 常者曽 不念物乎 此月之 過匿巻 惜夕香裳
訓読 常はさね思はぬものをこの月の過ぎ隠らまく惜しき宵かも
かな つねはさね おもはぬものを このつきの すぎかくらまく をしきよひかも
英語(ローマ字) TSUNEHASANE OMOHANUMONOWO KONOTSUKINO SUGIKAKURAMAKU WOSHIKIYOHIKAMO
月を見ても普段はちっとも思うことはないが、月が空をわたっていってこのまま見えなくなるのは惜しい今宵だ。
左注
校異
用語 雑歌
タイトルとURLをコピーしました