万葉集 第7巻 1111番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1111番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1111番歌

第7巻
歌番号1111番歌
作者作者不詳
題詞(詠河)
原文古毛 如此聞乍哉 偲兼 此古河之 清瀬之音矣
訓読いにしへもかく聞きつつか偲ひけむこの布留川の清き瀬の音を
かないにしへも かくききつつか しのひけむ このふるがはの きよきせのとを
英語(ローマ字)INISHIHEMO KAKUKIKITSUTSUKA SHINOHIKEMU KONOFURUGAHANO KIYOKISENOTOWO
遠い昔の人々もこのように聞いたことだろうと往時がしのばれる。この布留川の清らかな瀬音を。
左注
校異
用語雑歌、天理、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました