万葉集 第7巻 1357番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1357番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1357番歌

第7巻
歌番号 1357番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄木)
原文 足乳根乃 母之其業 桑尚 願者衣尓 著常云物乎
訓読 たらちねの母がそのなる桑すらに願へば衣に着るといふものを
かな たらちねの ははがそのなる くはすらに ねがへばきぬに きるといふものを
英語(ローマ字) TARACHINENO HAHAGASONONARU KUHASURANI NEGAHEBAKINUNI KIRUTOIFUMONOWO
母が生業(なりはひ)としている蚕でも願えば着物に仕上がるというではないか。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました