万葉集 第7巻 1106番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1106番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1106番歌

第7巻
歌番号 1106番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠河)
原文 河豆鳴 清川原乎 今日見而者 何時可越来而 見乍偲食
訓読 かはづ鳴く清き川原を今日見てはいつか越え来て見つつ偲はむ
かな かはづなく きよきかはらを けふみては いつかこえきて みつつしのはむ
英語(ローマ字) KAHADUNAKU KIYOKIKAHARAWO KEFUMITEHA ITSUKAKOEKITE MITSUTSUSHINOHAMU
蛙の鳴き声がする清らかな川原にやってきたが、またいつの日にかやってきたいものだ。
左注
校異 河 [類][紀](塙) 川
用語 雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました