万葉集 第7巻 1257番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1257番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1257番歌

第7巻
歌番号1257番歌
作者作者不詳
題詞(臨時)
原文道邊之 草深由利乃 花咲尓 咲之柄二 妻常可云也
訓読道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや
かなみちのへの くさふかゆりの はなゑみに ゑみしがからに つまといふべしや
英語(ローマ字)MICHINOHENO KUSAFUKAYURINO HANAゑMINI ゑMISHIGAKARANI TSUMATOIFUBESHIYA
路傍の草深い所に生えている百合の蕾がほころびるように、微笑みかけただけで妻になるのを承知したことになってしまうのでしょうか。
左注(右十七首古歌集出)
校異
用語雑歌、作者:古歌集、臨時
タイトルとURLをコピーしました