万葉集 第7巻 1076番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1076番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1076番歌

第7巻
歌番号1076番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文百師木之 大宮人之 退出而 遊今夜之 月清左
訓読ももしきの大宮人の罷り出て遊ぶ今夜の月のさやけさ
かなももしきの おほみやひとの まかりでて あそぶこよひの つきのさやけさ
英語(ローマ字)MOMOSHIKINO OHOMIYAHITONO MAKARIDETE ASOBUKOYOHINO TSUKINOSAYAKESA
大宮人たちが罷り出てきて愛でる今夜の月の清く美しいこと。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました