万葉集 第7巻 1153番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1153番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1153番歌

第7巻
歌番号1153番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文住吉之 名兒之濱邊尓 馬立而 玉拾之久 常不所忘
訓読住吉の名児の浜辺に馬立てて玉拾ひしく常忘らえず
かなすみのえの なごのはまへに うまたてて たまひりひしく つねわすらえず
英語(ローマ字)SUMINOENO NAGONOHAMAHENI UMATATETE TAMAHIRIHISHIKU TSUNEWASURAEZU
馬をつなぎとどめて、住吉の名児(なご)の浜辺で玉を拾ったことは忘れようにも忘れようがない。
左注
校異
用語雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました