万葉集 第7巻 1095番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1095番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1095番歌

第7巻
歌番号1095番歌
作者作者不詳
題詞(詠山)
原文三諸就 三輪山見者 隠口乃 始瀬之桧原 所念鴨
訓読三諸つく三輪山見れば隠口の泊瀬の桧原思ほゆるかも
かなみもろつく みわやまみれば こもりくの はつせのひはら おもほゆるかも
英語(ローマ字)MIMOROTSUKU MIWAYAMAMIREBA KOMORIKUNO HATSUSENOHIHARA OMOHOYURUKAMO
連なっている三輪連山を見ていると初瀬山の見事な檜の森に思いがいく。
左注
校異
用語雑歌、三輪山、奈良、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました