万葉集 第7巻 1313番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1313番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1313番歌

第7巻
歌番号1313番歌
作者作者不詳
題詞(寄衣)
原文紅之 深染之衣 下著而 上取著者 事将成鴨
訓読紅の深染めの衣下に着て上に取り着ば言なさむかも
かなくれなゐの こそめのころも したにきて うへにとりきば ことなさむかも
英語(ローマ字)KURENAゐNO KOSOMENOKOROMO SHITANIKITE UHENITORIKIBA KOTONASAMUKAMO
紅の深染めの着物を堂々と上に着てかっぽしたらたちまち人の評判になるだろうな。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、うわさ
タイトルとURLをコピーしました