万葉集 第7巻 1359番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1359番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1359番歌

第7巻
歌番号 1359番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄木)
原文 向岳之 若楓木 下枝取 花待伊間尓 嘆鶴鴨
訓読 向つ峰の若桂の木下枝取り花待つい間に嘆きつるかも
かな むかつをの わかかつらのき しづえとり はなまついまに なげきつるかも
英語(ローマ字) MUKATSUWONO WAKAKATSURANOKI SHIDUETORI HANAMATSUIMANI NAGEKITSURUKAMO
向かいの峰に立っている若桂の下枝。それを取り払って、花が咲くのを待っているのだが、その間ももどかしくてため息が出る。
左注
校異 向 [元][類][古][紀] 南
用語 譬喩歌、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました