万葉集 第7巻 1359番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1359番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1359番歌

第7巻
歌番号 1359番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄木)
原文 向岳之 若楓木 下枝取 花待伊間尓 嘆鶴鴨
訓読 向つ峰の若桂の木下枝取り花待つい間に嘆きつるかも
かな むかつをの わかかつらのき しづえとり はなまついまに なげきつるかも
英語(ローマ字) MUKATSUWONO WAKAKATSURANOKI SHIDUETORI HANAMATSUIMANI NAGEKITSURUKAMO
向かいの峰に立っている若桂の下枝。それを取り払って、花が咲くのを待っているのだが、その間ももどかしくてため息が出る。
左注
校異 向 [元][類][古][紀] 南
用語 譬喩歌、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました