万葉集 第7巻 1335番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1335番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1335番歌

第7巻
歌番号 1335番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄山)
原文 思て 痛文為便無 玉手次 雲飛山仁 吾印結
訓読 思ひあまりいたもすべなみ玉たすき畝傍の山に我れ標結ひつ
かな おもひあまり いたもすべなみ たまたすき うねびのやまに われしめゆひつ
英語(ローマ字) OMOHIAMARI ITAMOSUBENAMI TAMATASUKI UNEBINOYAMANI WARESHIMEYUHITSU
何ともしようがなく、思いあまって、畝傍山にたすきをかけようと、私は彼女にしめ縄を張りましたよ。
左注
校異
用語 譬喩歌、橿原、奈良、恋愛、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました