万葉集 第7巻 1402番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1402番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1402番歌

第7巻
歌番号1402番歌
作者作者不詳
題詞(寄船)
原文殊放者 奥従酒甞 湊自 邊著經時尓 可放鬼香
訓読こと放けば沖ゆ放けなむ港より辺著かふ時に放くべきものか
かなことさけば おきゆさけなむ みなとより へつかふときに さくべきものか
英語(ローマ字)KOTOSAKEBA OKIYUSAKENAMU MINATOYORI HETSUKAFUTOKINI SAKUBEKIMONOKA
どうせ拒否するなら沖にいる時からにしてよね。岸辺に到着する頃になってから邪険にするなんてないよ。
左注
校異
用語譬喩歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました