万葉集 第7巻 1403番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1403番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1403番歌

第7巻
歌番号 1403番歌
作者 作者不詳
題詞 旋頭歌
原文 三幣帛取 神之祝我 鎮齊杉原 燎木伐 殆之國 手斧所取奴
訓読 御幣取り三輪の祝が斎ふ杉原薪伐りほとほとしくに手斧取らえぬ
かな みぬさとり みわのはふりが いはふすぎはら たきぎこり ほとほとしくに てをのとらえぬ
英語(ローマ字) MINUSATORI MIWANOHAFURIGA IHAFUSUGIHARA TAKIGIKORI HOTOHOTOSHIKUNI TEWONOTORAENU
幣帛(ぬさ)を手にする神官が杉林を伐採していたら、すんでのことに斧が取られる所だった。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 譬喩歌、旋頭歌、三輪、奈良、恋情、戯笑、地名
タイトルとURLをコピーしました