万葉集 第7巻 1343番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1343番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1343番歌

第7巻
歌番号1343番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文事痛者 左右将為乎 石代之 野邊之下草 吾之苅而者 [一云 紅之 寫心哉 於妹不相将有]
訓読言痛くはかもかもせむを岩代の野辺の下草我れし刈りてば [一云 紅の現し心や妹に逢はずあらむ]
かなこちたくは かもかもせむを いはしろの のへのしたくさ われしかりてば [くれなゐの うつしこころや いもにあはずあらむ]
英語(ローマ字)KOCHITAKUHA KAMOKAMOSEMUWO IHASHIRONO NOHENOSHITAKUSA WARESHIKARITEBA [KURENAゐNO UTSUSHIKOKOROYA IMONIAHAZUARAMU]
人の口がうるさいというのでしたら私が何とかしましょう。野辺の様々な下草を一本一本刈り取って。
左注
校異
用語譬喩歌、異伝、和歌山、うわさ、地名
タイトルとURLをコピーしました