万葉集 第7巻 1270番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1270番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1270番歌

第7巻
歌番号 1270番歌
作者 作者不詳
題詞 寄物發思
原文 隠口乃 泊瀬之山丹 照月者 盈ち為焉 人之常無
訓読 こもりくの泊瀬の山に照る月は満ち欠けしけり人の常なき
かな こもりくの はつせのやまに てるつきは みちかけしけり ひとのつねなき
英語(ローマ字) KOMORIKUNO HATSUSENOYAMANI TERUTSUKIHA MICHIKAKESHIKERI HITONOTSUNENAKI
泊瀬の山に照る月は満ちたり欠けたりしている。人もまた無常である。
左注 右一首古歌集出
校異
用語 雑歌、作者:古歌集、無常、奈良、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました