万葉集 第7巻 1391番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1391番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1391番歌

第7巻
歌番号 1391番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄海)
原文 朝奈藝尓 来依白浪 欲見 吾雖為 風許増不令依
訓読 朝なぎに来寄る白波見まく欲り我れはすれども風こそ寄せね
かな あさなぎに きよるしらなみ みまくほり われはすれども かぜこそよせね
英語(ローマ字) ASANAGINI KIYORUSHIRANAMI MIMAKUHORI WAREHASUREDOMO KAZEKOSOYOSENE
静かな朝なぎの海、そこにやってくる白波が見たいと私は望んでいるのだが、無風のままで一向に白波が立たない。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました