万葉集 第7巻 1154番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1154番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1154番歌

第7巻
歌番号 1154番歌
作者 作者不詳
題詞 (攝津作)
原文 雨者零 借廬者作 何暇尓 吾兒之塩干尓 玉者将拾
訓読 雨は降る刈廬は作るいつの間に吾児の潮干に玉は拾はむ
かな あめはふる かりいほはつくる いつのまに あごのしほひに たまはひりはむ
英語(ローマ字) AMEHAFURU KARIIHOHATSUKURU ITSUNOMANI AGONOSHIHOHINI TAMAHAHIRIHAMU
雨は降るし、仮小屋は作らねばならないし、この吾児(あこ)の海の引き潮の今がチャンスなのに、いったいいつになったら、玉を拾いに出られるのだろう。
左注
校異
用語 雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました